basinviews.org

近未来の名は

月別: 2018年1月

『2017’リスボンの旅(9)』マドリードでバラハス空港そばのクレメント・バラハスに宿泊

訪問時期:2018年1月 リスボンからTAPポルトガル航空で…

訪問時期:2018年1月

リスボンからTAPポルトガル航空でマドリードへ戻ってきた。20時を越えていたので、翌朝は東京までのフライトがあるから、寝るだけのホテルを探した。クレメント・バラハスというホテルを選んだ。

『2017’リスボンの旅(9)』マドリードでバラハス空港そばのクレメント・バラハスに宿泊 へのコメントはまだありません

『2017’リスボンの旅(8)』リスボンの観光。シアード~バイロ・アルト~アルファマでフォトジェニックな光景に出逢う。

訪問時期:2018年1月 リスボン市内を観光した。シアードか…

訪問時期:2018年1月

リスボン市内を観光した。シアードからバイロ・アルト、アルファマを駆け足で巡った。夜に飛行機のフライトが控えていたからのんびりとはいかなかったが、主要な観光地はある程度観光できたのではないかと思う。

『2017’リスボンの旅(8)』リスボンの観光。シアード~バイロ・アルト~アルファマでフォトジェニックな光景に出逢う。 へのコメントはまだありません

『2017’リスボンの旅(7)』リスボンで2017-2018年越しカウントダウンイベントに参加

訪問時期:2017年12月 2017年の年末は、リスボンで年…

訪問時期:2017年12月

2017年の年末は、リスボンで年越しを迎えることになった。宿泊したホテルの近くのコメルシオ広場でカウントダウンイベントが行われるとのことで参加してきた。

『2017’リスボンの旅(7)』リスボンで2017-2018年越しカウントダウンイベントに参加 へのコメントはまだありません

『2017’リスボンの旅(6)』ベレンで世界遺産を観光、エッグタルトの美味しさに驚愕!

訪問時期:2017年12月 リスボン観光初日はベレンを訪れた…

訪問時期:2017年12月

リスボン観光初日はベレンを訪れた。ベレンはリスボンから市電で30分位の距離で、ジェロニモス修道院とベレンの塔という世界遺産がある。リスボン観光の定番中の定番だ。

 

『2017’リスボンの旅(6)』ベレンで世界遺産を観光、エッグタルトの美味しさに驚愕! へのコメントはまだありません

『2017’リスボンの旅(5)』リスボンでフィールズ ライク ホーム シアード プライム スイーツに宿泊。天井高い!

訪問時期:2017年12月 リスボンで宿泊したホテルは、フィ…

訪問時期:2017年12月

リスボンで宿泊したホテルは、フィールズ ライク ホーム シアード プライム スイーツ。長い呼び名だが、フィールズ ライク ホームというブランドのシアードにあるホテルと思ってもらうとわかりやすい。

『2017’リスボンの旅(5)』リスボンでフィールズ ライク ホーム シアード プライム スイーツに宿泊。天井高い! へのコメントはまだありません

『2017’リスボンの旅(4)』TAPポルトガル航空でマドリードからリスボンへ行く。

訪問時期:2017年12月 途中立ち寄りのマドリードでサンチ…

訪問時期:2017年12月

途中立ち寄りのマドリードでサンチャゴ・ベルナベウを見学したあとは、メトロでバラハス空港まで戻り、荷物をピックアップ。

TAPポルトガル航空でリスボンへのフライト。

空港のメトロの駅からターミナル2に直進していくと。いきなりセキュリティゲートにぶち当たる。ボーディングパスを発行せずセキュリティゲートを通過してよいのか迷った。観察するとみんなボーディングパスを見せているので、どこかで発行するのだなと理解したが、どこにもそんなカウンターは見つからない。近くに階段があり、登ってみた。あった!チェックインカウンターが立ち並ぶお馴染みの空港の光景。バスや車で来れば問題ないがメトロで来る場合は少し混乱するので注意が必要だと思った。2回目からは問題無いけど。

さて、TAPポルトガル航空はオンラインチェックインが可能。モバイルボーディングパスが利用できる。スマホに配布されたボーディングパスをスキャナーにかざすだけでOK。これはかなり便利!おかげでチェックイン不要で、セキュリティゲートを通過して搭乗口へ直行できます。

だけど、最初はそれを知らなくて、チェックインカウンターに並んでしまった。チェックインカウンターがなかなかオープンしないからインターネットで調べてたら分かった。実際にやってみたらあっさりできた。

周囲の客を見渡すとスマホのボーディングパスを使用している人は少数派で、紙のボーディングパスが主流だった。これが中国だったら全員スマホのところだなと思った。

ちなみに、iPhoneではWalletアプリにボーディングパスを登録可能、その中のQRコードをスキャンさせて通過する。スペインはrenfeの高速鉄道でもQRコードで改札通過可能だったし、先進的なところもあります。

ボーディングパスを確保し、セキュリティゲートを通過したら、ラウンジに向かった。ターミナル3にあるSala VIP Puerta Del Solというラウンジ。

バラハス空港はターミナル2とターミナル3は内部で連結しているので容易く移動可能。ターミナル4だけは離れている。

なお、国際線を利用する場合はターミナル1のパスポートコントロール後にSala VIP Cibelesというラウンジがあるのでそちらを利用するのが良い。

一瞬扉に見えなかった。行き止まりの壁かと思ったけど、普通に自動ドアでした。

スペインのラウンジはイケてる。バルセロナのラウンジもそうだったが、食事の質が高い。タパス、腹ごしらえにぴったりな小鉢の一品料理がズラリ。他にサラダやフルーツ、パン類があった。

ドリンクも充実。ビールもあるし、ワインやウイスキーも無料で飲める。イベリア半島の国はアルコールフレンドリーです。

マドリードを代表するビールのmahouを飲み、タパスに囲まれ昼間っから極楽気分。これは人間やめられくなりますわ。

リスボン行きのTP1015へ搭乗。

LCCみたいだけどTAPポルトガル航空はれっきとしたポルトガルのフラッグキャリア。エアバスA319 Rの機体ではLCCばりの激しいオーバーヘッドコンパートメントの奪い合いが起こってました。私も座席からは5列ほど離れてしまいましたがなんとかキャリーバッグを格納できました。

リスボン空港へ到着。この空港はポルテラ空港と呼ばれていて2016年5月よりウンベルト・デルガード空港へ改称されたらしいですが、呼び名に戸惑いますね。

シェンゲン協定内だからパスポートは不要なんだけど、リスボン空港内は結構迷路みたいです。なかなか外に出られない。

慣れれば大したことないだろうけど、初めてだと結構戸惑うなと。これは、制限エリアを出て、空港の入り口にあったクリスマスツリー。地下鉄の入口がすぐそばにあります。

このあとは地下鉄に乗ってホテルに向かいました。

ちなみに、SIMフリースマホ用のSIMカードはあらかじめ日本で購入したこちらを利用。現地で購入する時間と手間が省けるし、ローミングなのでポルトガルだけでなくスペインでも使用可能だった。便利!。SIMカードは旅のマストアイテムです。

『2017’リスボンの旅(4)』TAPポルトガル航空でマドリードからリスボンへ行く。 へのコメントはまだありません

『2017’リスボンの旅(3)』途中立寄りのマドリードでサンチャゴ・ベルナベウを観光。

訪問時期:2017年12月 リスボンまで行く道すがら、数時間…

訪問時期:2017年12月

リスボンまで行く道すがら、数時間ほど立寄ったマドリードで、レアルマドリードのスタジアムであるサンチャゴ・ベルナベウに行くことにしました。試合を見るわけではなく、スタジアムツアーに参加しようと。

もはやリスボンの旅ではありませんが、途中下車して道中楽しむのも、旅の醍醐味でしょう、ということでここはひとつお願いします。

『2017’リスボンの旅(3)』途中立寄りのマドリードでサンチャゴ・ベルナベウを観光。 へのコメントはまだありません

『2017’リスボンの旅(2)』マドリードのバラハス空港で荷物を預けて観光

訪問時期:2017年12月 マドリードのバラハス空港で飛行機…

訪問時期:2017年12月

マドリードのバラハス空港で飛行機の乗り継ぎの間、荷物を預けて観光に行くことにした。

バラハス空港でのターミナル1とターミナル2の荷物の預け方をまとめてみたい。

『2017’リスボンの旅(2)』マドリードのバラハス空港で荷物を預けて観光 へのコメントはまだありません

Type on the field below and hit Enter/Return to search