basinviews.org

近未来の名は

月別: 2018年1月

『2017’リスボンの旅(1)』エティハド航空でアブダビ経由でマドリードに行く

訪問時期:2017年12月 年末年始の休暇を利用して、ポルト…

訪問時期:2017年12月

年末年始の休暇を利用して、ポルトガルのリスボンまで旅してきた。まずはエティハド航空で東京からアブダビ経由でマドリードまで行く。そしてTAPポルトガル航空でマドリードからリスボンまで行く、計3フライト。帰りは全く同じルートを逆さまに移動。全て合わせて6フライト。

いったいなんでこんなに飛行機に乗っているのか、自分でも分からなくなってきたが、取り敢えずリスボン観光という目的は果たせた。

 

成田空港発17:30分、エティハド航空のEY871。

早起きしないで済む余裕な時間帯だけど、微妙な時間帯なのでフライト前に成田空港で食事をすることにした。

成田空港第1ターミナル5Fのフードコート、タイ料理屋ジャイタイ。パッタイを注文。

これから行く旅先とは全く違うジャンルの食べ物をチョイス。空腹だったからか美味しかった。

パッタイ美味しいよね。タイに行きたくなってきた。温暖な東南アジアでスパイシーなもの食べたくなってきた。今から寒い欧州行くのがちょっと億劫になってきました。

ジャイタイは気に入ったから成田空港第1ターミナルに来たらまた利用したい。

さて、アブダビ空港へ着。機内で食事後、機内の温度が高くなった時間帯があった。半袖になるくらい暑くなり、結構苦しかった。CAに水持ってきてもらったけど、ミネラルウォータを持込わすれたのを後悔した。しばらくしたら適温に落ち着いたが。なんか食事であたったのか?

写真は、アブダビ空港で乗換時に空港のショップでチェックしたiPhone X。

安かったら購入しようかと思ったけど、そんなに安くないから買わなかった。UAEのiPhoneにはFacetimeなし版とFacetimeあり版の2種類の機種があって、それぞれ値段が異なっていた。もちろんFacetimeあり版のほうが高価。UAEには独特のレギュレーションがあるみたいで驚いた。日本のカメラのシャッター音みたいなものでしょうか。

アブダビは2017年11月11日にルーブル美術館が開館したらしく、空港では宣伝がたくさんあった。

行ってみたいところですね。アブダビは今後グッゲンハイム美術館の開館も予定されているそうです。。。なんかスケールが大きすぎて眩暈がしてきます。

アブダビからマドリードへフライト、EY75。満席だった成田→アブダビ行きとは異なりかなりガラガラの機内。おかげで快適なフライトだった。

エティハド航空は機内エンターテイメントでリアルタイムのニュースが放映されているのが良いです。BBCやCNNが見れます。

マドリードには朝8時前に着。

スペインの朝は8時頃になるまで太陽が昇らない。7時台は暗闇。スペインは時間の設定が変ですよね。だから夜更かしになるんだろうなとw。

Releaf(リリーフ) ネックレスト 黒 Mサイズ
Caldera International
売り上げランキング: 28,100

今回、愛用しているこちらのネックレストはほとんど使わなかった。エティハド航空のエコノミークラスの座席は頭の部分が折り曲げられる仕様のシートとなっていて、このネックレストがなくても快適だったからだ。昔に比べ、頭の部分が折り曲げられるシートが増えてるような気もして、長時間のLCCでもない限り使用頻度は減るかなと思ったりした。

続く

『2017’リスボンの旅(1)』エティハド航空でアブダビ経由でマドリードに行く へのコメントはまだありません

Type on the field below and hit Enter/Return to search